‘横浜’ タグのついている投稿

横浜市南区の不動産会社栄都

弘明寺駅から徒歩6分の新築戸建 建築中!

2022年8月2日 火曜日

数分いえ、数秒外に出ただけで気が遠くなるほどの暑さ、

この中でも建築は進んでいます。大工さんありがとうございます!

8月初旬に中間検査が決まっています。

これは建築基準法に則った設計図どおりに造られているかをチェックするためのものです。

屋根が出来ているので以前より安心です。

どうぞ気を付けて仕事してください!

 

 

京急線「弘明寺」駅徒歩6分 新築アパート 2月末完成予定!

2022年1月14日 金曜日

新年おめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

やれ給湯器が…トイレが…と、このコロナ禍で輸入資材が滞り大変な中、

こちら横浜市南区永田南のアパート(1R×6世帯)は2月末竣工に向けて着々と作業が進められています。

年末年始で、屋根がきれいに張れました(スレート葺き)

◆屋根の緑色のシートは防水のためのもの◆

◆屋根の上に載っているのがスレート材 壁の白いのは透湿防水シート◆

◆屋根が完成しました!◆

あとは、内外装、外構という順序になります。

完成が楽しみです。

正面からもご覧いただきましょう。

※こちらの物件はおかげさまで契約済となっております。(2022年1月14日)

 

横浜の運河を見直そう!

2021年11月19日 金曜日

桜木町、石川町、元町や根岸と磯子の間を流れている川。

それぞれ大岡川、中村川、堀川、堀割川・・・という名前になっていますが、実は全部運河。

現在の地下鉄の駅でいえば、吉野町から関内駅までは昔、海というか沼だったようで、

一帯を埋め立てた時に造った水路なのです。

この堀はしばらく海運に使われましたが、その後、水上生活やプレジャーボートの係留、遊漁船の営業など、に「利用」されました。

バブル経済の頃、横浜市を含む第三セクターをつくって、金沢区に横浜ベイサイドマリーナという受け皿を造った後、

係留されている船は移動させられ、今のさっぱり・・・というと聞こえがいいですが殺風景な運河になりました。

NPO法人 HamaBridge濱橋会が中心になって、その運河を見直そうと数年前からイベントを企画を催しています。

今年もその季節となりました。

興味のある方は、この機会に運河クルーズを試されてはいかがでしょうか?

下からの風景はきっとインスタ映えしますよ!

 

ちなみに、堀割川も堀川も掘って造った水路ではないので、漢字も「」ではなく「」となっています。